BIOGRAPHY

こうのいけはるか

(Vocal & Acoustic Guitar)

木挽祐次

(Drum & Chorus)

夏未

(Keyboard & Chorus)

アライユウセイ

(Bass)

WALTZMORE(ワルツモア)

 

こうのいけはるかを中心に前身バンド Goodbyès として 2018 年 3 月より活動を開始。 
その類い稀なる楽曲センスは音楽関係者、リスナーから絶賛され、始動直後に TONIGHT RECORDS と契約。

サポートメンバーであった Dr 木挽祐次 Key Cho 夏未 が加入を果たし、 2019年5月7日4人組音楽集団 WALTZMORE としての

活動を開始。

2019年7月全身バンドから併せて1年余りでこれまでの集大成とも言える1st Full Album「birthday」を発表。
全15箇所に渡る全国ツアーを決行。

2019年12月ツアーをサポートしたアライユウセイが加入。
2020年6月前任のギターが脱退。
同時にVo&Gt Kounoike Haruka、Key&Cho 夏未によるソロ音源をリリース発表。
Dr木挽祐次 トラックメイカー neo neet tokyoとして活動開始。


コロナ禍によるライブ活動ができない期間を逆手に取り、それぞれが音楽家としての活動を広げWALTZMOREとしてのポテンシャルをさらに高めることになる。

アコースティックギターやピアノの音色をフューチャーしたオーガニック且つ、 シティーポップやダンスミュージックの要素も取り入れたサウンドは現行系ポップスの最先鋒。
こうのいけのファルセットを駆使した特徴的な歌声に、 これまでボーカリストとして活動してきた夏未のコーラスが加わることで表現される唯一無二の世界は、 どこか終末的な美しさがあり聴く者を WALTZMORE の世界に誘う。
若くして開花した才能が今、更なる成熟を果たし邦楽シーンに挑む。 
WALTZMORE の名前がシーンに轟く日は近い。

© 2023 by PURPLE WAVE. Proudly created with Wix.com